トリプルビーの成分で本当にダイエットできるの?効果と副作用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トリプルビーの成分のHMBとクレアチンって何?

トリプルビーを飲むことによって摂れる2大成分、それがHMBとクレアチンです。

でもHMBとクレアチンって何?

まずはそこを知りたいですよね!

HMBは筋力アップを協力サポートしてくれる

先におおまかに言ってしまうと、HMBは必須アミノ酸の1つであるロイシンの代謝物質で、筋肉が大きくなるのを助けてくれる働きを持つんです。

質問1 必須アミノ酸って?
人間の身体のもととなるタンパク質を作ってくれるが、体内で合成できないため食事から摂取する必要がある

 

人間の身体は約10万種類のタンパク質でできているのですが、そのタンパク質はなんと20種類のアミノ酸が結合してできたもの。

そしてその20種類のうち、9種類が人間の身体では作れない、要は食べたり飲んだりすることで摂取できるんですね。

この外から摂取する9種類のアミノ酸が「必須アミノ酸」と言われており、ロイシンもその1つなんです。

質問2 じゃあロイシンを摂ればいいんじゃないの?
筋力アップのためにロイシンでは非効率的

 

 

確かにロイシンを摂取すれば、つまりはHMBを摂取したことになる。と思いたいところですが、肉や大豆などの食べ物に含まれるロイシンがHMBに変換されるのはなんと5%しかありません。

そのため、 筋肉アップに効果を持たせるには、HMBの状態で体内に入れるのが良いんですね。

ちなみに、HMBの一日の摂取基準量が3gで、これより多く飲んでも効果が比例するとは限らないとのことなので、トリプルビーはこの範囲内に収まっています。

クレアチンは今度はついた筋肉を維持してくれるもの

筋トレや運動をして筋肉が鍛えられ、HMBがその助けをしてくれてせっかく魅力的なスタイルになっても、それを維持できなかったらもったいないですよね。

そこでそのスタイル維持に効果的なのがクレアチンです。

クレアチンは筋力ダウンの抑制に効果があると言われています。

肉や魚に多く含まれるんですが、一般に女性が一日に摂取すると良いとされるクレアチンの量は5g。

ただし、この5gを普通に食べることでとろうとすると、お肉を毎日1kg食べないととれないんです。

1kgも食べたら、クレアチンを摂取するうんぬんの前にカロリー過多で太ってしまいますよね…。

その点トリプルビーなら1回あたりの摂取量は5g以内に収まっていますし、顆粒なのでサクッと飲めて、カロリーもほとんどないし、理想的ですね!

 

HMBの効果はどのように出てくる?

トレーニングを日常的にする人にとってHMBは十分知られた存在ですが、実はHMBは運動初心者にこそ効果的。

特に女性はホルモンの関係で男性よりも脂肪が多く、筋トレをしてもなかなか筋肉がつきにくいので、これはとってもありがたいことです。

つまり、激しいスポーツまではしないけれど、日常的に身体を動かしている女性に最も向いている、ということです。

トリプルビーを飲んで身体を動かしていれば、それ以外の食事制限などは一切必要ありませんから、ダイエットにありがちな以下の心配はいりません。

⚠ダイエットにありがちな悪影響

・常にお腹がすいている

・食べないから体力がなくなり、疲れやすくなる

・栄養不足で肌が荒れてくる

・食べたいものが食べられないのでイライラすることが多い

 

毎日イライラすることなく、いつもの生活でダイエットにのぞめるのは大事なことですよね。

まず精神的に健康な状態からスタートするわけですから、

前向きな気持ちでトリプルビーを飲み始める

食事制限がないので毎日動ける

動くのが苦じゃなくなり、疲れにくくなる

もっと動きたくなってくる

筋肉がつきはじめる

 

この流れになってしまえば、ここから先はクレアチンの出番です。

筋肉キープを強力サポートしてくれますから。

 

クレアチンの効果はどのように出てくる?

クレアチンは、先にHMBでサポートされた筋力を逃さないように助けてくれます。

なので、クレアチンの効果というのは、見た目のスタイルではわからないかもしれません

ただ、飲み進めていくうちに、「なんか最近疲れにくくなってきたな」「いつもより動けるな」と気づくことがあったら、そこにはクレアチンの影響が考えられます。

 

実は必須アミノ酸は全部入ってた!ダイエットにも効果アリ?

トリプルビーに入っているのはHMBとクレアチンだけではありません。

ちょっと細かい話になりますが、先ほど言った必須アミノ酸9種類というのは以下のとおりです。

9種類の必須アミノ酸
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン(以上3つがBCAA)
・リシン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・ヒスチジン
・トリプトファン

 

話題のBCAAは上の3つ、バリン・ロイシン・イソロイシンでしたね。

残りは6種類、リシン(リジンとも言います)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジン、トリプトファンですが、なんとトリプルビーには、この残りの6種類もすべて入っているんです。

 

つまり、人間が自分の体内で作れないアミノ酸のすべてを、肉や魚、大豆と言った食べ物ではなく、たった1包2.5gのトリプルビーから摂取できるということ。

では、このBCAA以外の6種類のアミノ酸が入っていることでダイエットに効果はあるんでしょうか。

 

トリプルビーでダイエットはどこまでできるか

これまでのHMBとクレアチンの効果、それから必須アミノ酸の9種類を足して見ると、トリプルビーでダイエットに可能性のある効果としてはこのようにまとめられます。

・HMBで筋力アップをサポート

・クレアチンでアップした筋力の維持

・バリン・ロイシン・イソロイシンを筋肉のエネルギー源にする

・フェニルアラニンは食欲抑制機能がある

・リジンでカルシウムの吸収を促進する

・トレオニンが新陳代謝をアップしてくれる

 

もうこの項目を見ただけでも、運動したら脂肪燃えまくり、筋力アップを想像しますね!

なんだか私のほうまでアドレナリンが出てきちゃいました(笑)

ダイエットの条件は揃っていると思います。

あとはあなたのやる気と負荷の量&時間、そして毎日しっかりトリプルビーを飲むかどうかです!

よく「1ヶ月で1kgしかダイエットできなかったから効果がない」と言う人がいますが、それはもうちょっと続けてみないとわからないかもしれない。

そして筋肉にかける負荷や時間も、人によって感じ方が違います。

ちょっと歩いて息がきれるひともいれば、疲れなんてまったく見せずサクサク歩ける人もいるように。

何より大事なのは体重ではなくボディスタイルです。

筋肉は脂肪より重いわけですから、筋力がアップしたせいで体重が増えるということもあります

あくまでも1ヶ月前の自分のボディスタイルや筋力にフォーカスして比べましょう

 

気になる副作用について

トリプルビーは飲用ですから、副作用も心配ですよね。

妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

まず、妊娠中・授乳中の女性についてですが、これは公式サイトでも言われているとおり、いわゆるファスティングを目的とした使用は控えてくださいとあります。

 

この期間は基本的な栄養、体力を失ってはいけないし、かといって過度な運動もよくない。

なので、できるだけこの期間は避けたほうが無難でしょう。

出産直後で体重が戻らないという心配がある場合は、まずは軽い運動で基礎体力を戻して、落ち着いてきてから飲み始めてはどうでしょうか。

トリプルビーを飲んだら下痢になるか

もしトリプルビーを飲んでお腹を下した人がいたら、まず確認すべきなのが賞味期限です。

トリプルビーは顆粒の状態とはいえ、賞味期限があります。

まあ薬も使用期限はありますから、当たり前といったら当たり前。

賞味期限を過ぎると効果は見込まれませんし、それどころか体調に異変をきたすこともありますので注意しましょう。

次に考えられるのがクレアチンです。

クレアチンの水分を引き込むという作用が関係していたり、あとは個人差になりますが、クレアチンの摂取量が多くて吸収しきれず、腸の浸透圧が上がってお腹を下すこともあるようです。

トリプルビーを飲んだら便秘になるか

女性の場合、どっちかと言うと下痢より便秘に悩まされるのがイヤですよね。

トリプルビーの副作用で便秘になったという口コミは今のところ見られません

最後に、早くスタイルアップしたいからと言って倍飲んだり、1日に何回も飲むのは厳禁です!

そもそも筋肉は1日にして成らず、です。

 

→私が実際に飲んでみた感想はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る